::: SCENES OF SEASONS :::
kipnip.exblog.jp
Top
タグ:TAMRON SP90(172E) ( 2 ) タグの人気記事
|
|
2006年 03月 31日 |
地元駅前の並木にて会社帰りに手持ち撮影。
ライトアップの光源は居酒屋の看板(笑)










KONICA MINOLTA ALPHA S/D
TAMRON SP AF MACRO 90mm F2.8 (172E)
絞り優先AE

撮影地: 東急田園都市線 宮崎台駅周辺

[PR]
by kipnip | 2006-03-31 22:14 | SEASONS |
雪柳
2006年 03月 27日 |
葉が柳の葉に似て細長く、枝いっぱいに白い花を雪が積もったように咲くところから
ついた名前がユキヤナギ。
枝一杯の白い五弁の花がつき、この時期あちらこちらで目に付くのですが、
あまり被写界深度の浅いマクロ撮影に向かないのかも? ・・・いや単にそれは私の限界なのでしょうが。

例えば無数の花々をJust in focusで撮れるかっていうと....

群生している様が美しいだけに、ボケを活かしながら
この子たちを綺麗に撮るのって・・・
群生している花をどの角度から、どのあたりにフォーカスあてて撮るのが良いのか
わからなくなって愕然とすることしばしば。


マクロでそこそこ寄ってやってこんな感じにはなるんですが、
果たしてこの子たちの一番良い姿を切り取っているのかちと不安。



花が多いから、周囲が極端に前ピン後ピンでボケまくってなんかウルサイ orz


どうしたものか・・・



そこで・・・
この花のよさを引き出すのはマクロじゃないかも?ということで
標準レンズ50mm F1.4と三脚を担ぎだして、家のすぐ傍の公園へ。
夜、公園の水銀灯に照らされるユキヤナギにカメラを向けてみました。

ちょうど家のすぐそばに小さい公園があり、
2灯ある水銀灯の下に雪柳が群生しているのです。 












自分なりに納得感はあるんですが、
当然その裏には50枚を超える失敗写真の数々。
風による被写体ブレ、絞りの試行錯誤。。。 なかでもフォーカスがとにかく厳しい。


奥の手で助手に懐中電灯で合わせたい花の周囲を照らしてもらって
自分はひたすら老眼をこらしながらMFでゴリゴリ。




↓呼ばれずに出番がない時の助手はこんな感じで雲梯(うんてい)でブラブラして待機(笑)
夜の公園なんて一人ではこさせてもらえないだけに、そこそこ助手もENJOYしたようです(^_^)



ほのぼのやっています(^_^)
最近花ばかり続きますが、今が盛りなのでもうしばらくお付き合いください(笑)
おそらくあと少しで飽きますw?


KONICA MINOLTA ALPHA SWEET DIGITAL
TAMRON SP AF MACRO 90mm F2.8 (上3枚)
MINOLTA AF50mm F1.4 New (下5枚)
ISO:200 Aperture Priority AE

[PR]
by kipnip | 2006-03-27 10:55 | SEASONS |
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Skin by Sun&Moon