::: SCENES OF SEASONS :::
kipnip.exblog.jp
Top
<   2006年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧
|
|
2006年 03月 31日 |
地元駅前の並木にて会社帰りに手持ち撮影。
ライトアップの光源は居酒屋の看板(笑)










KONICA MINOLTA ALPHA S/D
TAMRON SP AF MACRO 90mm F2.8 (172E)
絞り優先AE

撮影地: 東急田園都市線 宮崎台駅周辺

[PR]
by kipnip | 2006-03-31 22:14 | SEASONS |
2006年 03月 30日 |
浜離宮、再び。










KONICA MINOLTA ALPHA S/D (#2 SILVER)
MINOLTA AF ZOOM 100-300mm F4.5-5.6
絞り優先AE

撮影地: 浜離宮庭園

[PR]
by kipnip | 2006-03-30 18:51 | SEASONS |
2006年 03月 29日 |
六義園のしだれ桜(夜桜のライトアップ最終日)
物凄い人出に集中力を切らしてしまい、ろくなもの撮れず。










KONICA MINOLTA ALPHA S/D
MINOLTA AF 50mm F1.4 New

撮影地:六義園

[PR]
by kipnip | 2006-03-29 23:07 | SEASONS |
2006年 03月 28日 |


やさしい、蕾。



淡い色彩



河津桜


KONICA MINOLTA ALPHA S/D
TAMRON SP AF MACRO 90mm F2.8 (172E)
絞り優先AE

川崎市高津区梶ヶ谷周辺

[PR]
by kipnip | 2006-03-28 19:42 | SEASONS |
2006年 03月 28日 |
職場の至近に浜離宮があります。
この季節、行かない手はありません。

浜離宮といえばむしろ今の季節は菜の花畑。
桜はそれほどありません。並木のボリューム感を切り取るような
写真は期待できないけれどじっとしているわけにはいきません。



広角レンズの特長を活かしたつもりだが中途半端かな(汗)


ビル街と木々をシンクロさせるような場所は至る所にあります、浜離宮。
上の2枚は、どうしても桜の色をピンクに近づけたい欲求に駆られてレタッチしてあります。


浜離宮は桜こそ少ないものの、その分もう無数の種類の木々・草花があります。


デジイチ布教中の同僚を二人連れて行ったので、マクロについて聞かれて試し撮り(1)


マクロ試し撮り(2) 啓蟄を過ぎ、虫の季節ですね。
望遠マクロはかなり宝の持ち腐れってるかも。 orz
蜘蛛のヤツ、ちっさくて機敏な上ビヨンビヨン巣を揺らすんでフォーカス難しいです。

てゆーか下手な鉄砲、数打ってもあたらないものはあたりません
やはり写真は入念なPLANNINGや調査・準備。
そしてじっくりと構図を考え、機の到来を待つような撮り方をしないと
ダメっつーことのようです。
今日は慌てるナントカの、失敗見本ってことでひとつ(笑)
[PR]
by kipnip | 2006-03-28 19:34 | SEASONS |
雪柳
2006年 03月 27日 |
葉が柳の葉に似て細長く、枝いっぱいに白い花を雪が積もったように咲くところから
ついた名前がユキヤナギ。
枝一杯の白い五弁の花がつき、この時期あちらこちらで目に付くのですが、
あまり被写界深度の浅いマクロ撮影に向かないのかも? ・・・いや単にそれは私の限界なのでしょうが。

例えば無数の花々をJust in focusで撮れるかっていうと....

群生している様が美しいだけに、ボケを活かしながら
この子たちを綺麗に撮るのって・・・
群生している花をどの角度から、どのあたりにフォーカスあてて撮るのが良いのか
わからなくなって愕然とすることしばしば。


マクロでそこそこ寄ってやってこんな感じにはなるんですが、
果たしてこの子たちの一番良い姿を切り取っているのかちと不安。



花が多いから、周囲が極端に前ピン後ピンでボケまくってなんかウルサイ orz


どうしたものか・・・



そこで・・・
この花のよさを引き出すのはマクロじゃないかも?ということで
標準レンズ50mm F1.4と三脚を担ぎだして、家のすぐ傍の公園へ。
夜、公園の水銀灯に照らされるユキヤナギにカメラを向けてみました。

ちょうど家のすぐそばに小さい公園があり、
2灯ある水銀灯の下に雪柳が群生しているのです。 












自分なりに納得感はあるんですが、
当然その裏には50枚を超える失敗写真の数々。
風による被写体ブレ、絞りの試行錯誤。。。 なかでもフォーカスがとにかく厳しい。


奥の手で助手に懐中電灯で合わせたい花の周囲を照らしてもらって
自分はひたすら老眼をこらしながらMFでゴリゴリ。




↓呼ばれずに出番がない時の助手はこんな感じで雲梯(うんてい)でブラブラして待機(笑)
夜の公園なんて一人ではこさせてもらえないだけに、そこそこ助手もENJOYしたようです(^_^)



ほのぼのやっています(^_^)
最近花ばかり続きますが、今が盛りなのでもうしばらくお付き合いください(笑)
おそらくあと少しで飽きますw?


KONICA MINOLTA ALPHA SWEET DIGITAL
TAMRON SP AF MACRO 90mm F2.8 (上3枚)
MINOLTA AF50mm F1.4 New (下5枚)
ISO:200 Aperture Priority AE

[PR]
by kipnip | 2006-03-27 10:55 | SEASONS |
SAKURA
2006年 03月 26日 |
週末フォトグラファー的にはやや残念な今年の桜。
今週末は三分咲き程度、おそらく来週末だと散り始めていることでしょう。

せっかくなので近所で一番桜の木が多い公園に出かけてみました。


桜の花をピンク色に撮るのって難しいんですね。。。
開花の具合は同じソメイヨシノ、同じ場所でも木々によってバラつきがあります。
左手前の枝は結構開花していますが画面右上の枝は蕾ばかり。


開花の進んだ枝はこんな雰囲気。(^_^)


ほとんどの木々はせいぜいこんな感じ。( _ _ )



今年の桜は入学式まで待ってはくれなさそうですね。
[PR]
by kipnip | 2006-03-26 18:03 | SEASONS |
夕陽
2006年 03月 25日 |
日が長くなってきました。

今日はこまごまと家の修繕だの買い物だので暮れてしまったんですが、
5時過ぎに家の外に再び出るとまだ明るく、夕陽が射しています

思わず...  (^_^)ニンマリ

イソイソとカメラを持ち出して自分の家、お隣さん、お向かいさんの
奥様方の飾る鉢植えの花々を撮ってみました。

最近私、花が大きく写っただけでウハウハ言っちゃってますんで
マクロレンズ撮影も早く次の段階に向かわねばなりませんね。

何見て勉強すりゃいいんだろ?


お向かいさんのハンギングバスケットはパンジーの寄せ植え


我が家の鉢にも紫のパンジー


お隣さんのはオレンジ。


そんなうちに陽がどんどん傾き、
公園の向こうに落ちていきました。

レンギョウの花と落陽

ほんの5分くらいの撮影会でした(^_^)


KONICA MINOLTA ALPHA SWEET DIGITAL
TAMRON SP AF MACRO 90mm F2.8 (上3枚)
MINOLTA AF MACRO 50mm F2.8 (最後の一枚)
ISO:200 Aperture Priority AE

[PR]
by kipnip | 2006-03-25 19:35 | SEASONS |
2006年 03月 22日 |
うららかな春分の日、家族とピクニックに出かけました。

相模三川公園(さがみさんせんこうえん)

子供たちが目の色を変えるような遊具もあり、
小川が流れ、広大な丘陵の彼方には相模川が流れる比較的新しい素敵な自然公園。
駐車場完備。
小川に沿って桜並木があるが、当日はまだ開花せず、お預け。


公園にはこんな感じのせせらぎがあり、
我が家ではここにくると小魚やざりがに捕りをするのが恒例です(↓はママ撮影)



散り行く梅の花をこの春最後かな?と思いつつまた一枚。



遊んだ後はひたすら家族のポートレートを撮影。
おだやかな、良い一日でした(^_^)







CAMERA : KONICA MINOLTA A/S DIGITAL
LENS : TAMRON SP MACRO 90mm F2.8 Model 172E (全て)
露出モード : 絞り優先AE
[PR]
by kipnip | 2006-03-22 17:46 | PORTRAIT |
2006年 03月 22日 |
地元を離れて平日の葛西臨海公園へ。
人も車も少なく、平日とはなんと得なことか!

観覧車の夜景狙いでしたが
露出とピントに苦しみ思うような写真が中々撮れず。

なんとか一枚、納得いかないまでもお見せしたくなるような画が撮れました。


A/S DIGITAL + 50mm F1.4 New
F13 25.0sec / ISO200


納得は全然していません。
なによりもピンの甘さについて自分が許せない~
視力のせいもあるにはあるのですが、(写真で写っているより余程暗いですから)

なんというか、こういう絶景的シチュエーションそのものに舞い上がってしまい、
冷静さを欠くというか、一つ一つの確認や検討のプロセスがいちいち適当というか
アバウトになってしまう。
これは気をつけなければいけません。 次回に活かします



観覧車は色々なパターンの配色と色の広がりの演出があるのですが、
長時間露光の場合はサーカスの火の車みたいな写りになってしまう上、
大変な露出泣かせ。

実は5分に一度くらい?間欠でネオンが消灯して間接照明だけになるパターンが1分弱あり、
ここを狙って撮ったものが結果的に一番美しかったです。

被写体の車の左手がホテルになっており、
この建物周辺の灯りが良い具合に車の補助光になってくれました。
[PR]
by kipnip | 2006-03-22 16:12 | VEHICLES |
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Skin by Sun&Moon