::: SCENES OF SEASONS :::
kipnip.exblog.jp
Top
カテゴリ:TRIP( 4 )
|
|
避暑
2008年 08月 08日 |



暑いし。 

せっかくとれた休みだし。 

やっぱどっか行きたいし。



でも ・・・


家空けると

ウチの水槽の川魚たちが餓死しちゃわないかとか、

食べ盛りのクワガタどもは大丈夫かとか。




心配なことだらけでウダウダ煮え切らなかったんですがー 015.gif




でもね、やっぱり夏休みだし。


ごはんたっぷりあげとくから、おまいら2日ばっかし留守番頼むね




--- 8< --- 商談成立 --- 8< ---




で。 車とばして、 おいしいものおなかいーっぱい食べて
f0058275_25473.jpg


夜は東京じゃ見れないほどの星を見上げて,
昼間は普段より少しだけ太陽に近いところで 涼しい風に当たりながら オゾンをたっぷり吸って。
f0058275_263534.jpg


そんでもって 山間の雷雨を走り抜けたら、 いつもの場所でまたまたナルシスト三昧(笑)


車検、 通しました。

走んないし、 燃費わるいし・・・な愛車ですが、 まあ、 もうしばらくよろしくお願いします。

タイヤつるつるだったので、仕方なくホイール替えました。



そんなこんなで、 私も充電完了。   安上がりだなぅ(笑)


さー・・・ またがんばるぞと。




--------おまけ--------




このロケーション、 雲さえなければこんなベタな構図も撮れます。
f0058275_2103540.jpg


Swedespeed.comあたりに載せたらウケますかね・・・

oh~ FUJIYAMA VOLVO~ KITA---- \ (゚∠゚)ノ   ・・・みたいな(笑)
[PR]
by kipnip | 2008-08-08 02:11 | TRIP |
2008年 04月 01日 |
청계천에 갔다 왔습니다 026.gif 清渓川に行ってきました


会社の同僚たちとの束の間のソウル滞在、
一眼レフに三脚なんぞ持っていったのは、モチロン私だけでした。 そんな苦労の写真を掲載します。

基本食べ呑み三昧な行程の中、ここだけは夜景を懲らしめるぞと気合を入れて
行ったのがここ、清渓川(チョンゲチョン・청계천)です。

清渓川の歴史や現状については以下のリンクに譲ります。
http://allabout.co.jp/travel/travelkorea/closeup/CU20060207H/


上でも紹介されているように、
護岸には遊歩道も整備されて緑少ないソウルの街で人々の憩いの場のようです。
なにより、夜間のライトアップがキレイなのです。


↓韓国語の公式サイトですが、TOPページの夜景の映像(FLASH)は中々のものです。
http://www.cheonggyecheon.or.kr/

↓ソウルナビで紹介されている日本語でのガイド^^
http://www.seoulnavi.com/area/area_r_article.html?id=3080


私は食事の後に仲間一同がアイスクリームを食べにいっている間、
ひとり白い息を吐きながら三脚を持って清渓川広場から1つめの橋あたりまでを走り回っていました。












청계천의 야경은 정말로 아름답고, 매우 감격했습니다
시간이 없어서 나는 청계천의 1/10 밖에 볼 수 없었어요...
언젠가, 또 가고싶어요

여러가지 가르쳐 준 아야창, 정말 고마웠어
너가 좋아하는 장소에 갈 수 있었어, 나도 기뻤다

清渓川の夜景は本当に美しく、とても感激しました。

時間がなくて私は清渓川の1/10くらいしか見れなかったようです。
またいつか、行って見たいです。



↓最後に通路から見上げた広場のモニュメント




PENTAX K100D Super + DA-FE 10-17mm (#1,3,4,5) SIGMA EX-DG 28-70mm F2.8 (#2)
[PR]
by kipnip | 2008-04-01 18:05 | TRIP |
2008年 03月 30日 |

나를 태워 어디에 가는 거야037.gif
Take me safely to my first Seoul ...


PENTAX K100D Super + SMC PENTAX -DA 18-250mm/F3.5-6.3 ED AL

[PR]
by kipnip | 2008-03-30 17:09 | TRIP |
2008年 03月 01日 |





仕事で大連に行きました。
加減を知らぬ勢いで発展する都市。 新しさと古さ、富と貧しさの混濁する様に唖然としました027.gif

Yumingの曲に出てくるようなAcacia咲くひなびた世界なぞ想像しながら行った私も私ですが、
凄まじい勢いでの高層建築ラッシュ。

工事中の騒音、粉塵は北京や上海ばかりではなかったんですね。
そこかしこで建設が進み、近郊の山肌にはもはやほとんど木はなく、
乾燥した黄色い土が露出していました。

そのせいなのか、はたまた黄砂の時期と通り道という土地柄だからなのか
大連の空は黄色い砂で霞んでおり、ホテルの窓ガラスも雨の跡に乗った砂で透明度が低い。
町全体が土埃で覆い尽くされたような印象でした。



街は完全なる車社会。
チャリンコなどほとんど走ってはおらず・・・ それどころか
おびただしい数のAudi、BMW、Mercedes、Lexus、Infiniti、Citroen、VOLVO・・ 
高級車が走り回る街でした。


中国の発展の凄まじさについては百聞は一見に如かず、
一介の経済人的にも、地球に生活する人間の感覚的にも
両方で、リアルに、肌で。 そこはかとない恐ろしさ十分に感じましたよ。 





高級酒店の巨大円卓は向こうが見えないし(お花畑の向こうが対岸です)



ロータリーもバカでっかいし



そのバカでっかいロータリーの一角







↑どちらかというとこっちが私のイメージしていた中国なのだけど023.gif


空港の出発ロビーからの、中心街とは逆方向の眺め。
(空港の窓ガラスも砂だらけなら私のistのCCDもゴミだらけ orz)
[PR]
by kipnip | 2008-03-01 19:31 | TRIP |
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Skin by Sun&Moon