::: SCENES OF SEASONS :::
kipnip.exblog.jp
Top
■ たおやかな・・ (ナパ訓練所閉鎖のニュースに添えて)
2010年 10月 11日 |
最近、急に思い出したように飛行機写真に熱中している私ですが・・・

実は子供の頃から飛行機が好きでした。
両親が航空会社の客室乗務員という家庭に育ち、子供ながらに飛行機に乗せてもらう機会も多く、
そして父の制服姿、異国が香る土産物、自然と空の仕事に憧れたものでした。
大学4年の秋には、日本航空の自社養成のパイロットを志願しました。
最終選考(羽田でのシミュレータおよび桶川でのセスナの操縦試験)で涙を飲み(抜群の操縦センスの無さだったそうです凹)、普通の会社員になりました。

最終選考に残った仲間は皆魅力的で、ずっと仲良くしていたいと思う人ばかりでした。
最終的な合否が決まった後、合格した者も不合格だった者も全員で飲みに行ったね。
厳しい訓練を無事に潜り抜けて、今頃キャプテンとして世界中の空を飛び回っているのだろうと思います、思いたい。
あの頃は747の操縦士になると、その場の誰もが思っていたよね。

・・・と思ったら、最近毎日のように新聞に踊るJALの運航乗員の整理解雇の記事。
レイオフされているパイロットが大勢いるんだそうです。
そして今日の朝刊はナパ訓練所閉鎖のニュースでしたね。。

自分もナパに行くのだと描いた空への夢ついえて、涙で枕を濡らした大学4年の冬でしたが
世の中20年余の間に何がどうなるかわかりませんね。
皆、元気で活躍しているだろうか。
私は元気で、そして今でも地上から空を行くシップを見上げています。

さて、今日の書き出しの通りですが
飛行機の撮影熱に点火してしまって以来、旅客機の写真を撮られている色々な方々のブログを拝見するようになりました。
そして自分のやってることが実は二番三番煎じだったと知り、かなりこっぱずかしい今日この頃^^;

でも、アングルや撮影機材(目の毒!)、ロケーション、その他、やった!と自分が喜べるような写真を撮るための情報をいただいて大変参考になっています。

そんな中、ちゅうぼう、無番地・・・というキーワードと独特のアングルの写真が気になり、
今日11日の午前中はそこを訪ねてみました。

JA8964/ANA55便 千歳行き。

34Rから離陸した機体の大半はどっかん上がりでお腹を見せながら手前で旋回していってしまうのですが、
この機は違いました。

低く、低~く静かにローテーションしてきた機体は、大きな軌道を描いてたおやかな旋回を見せてくれました。
B44は何機も上がってきましたが、この機ほど美しい軌道を見せてくれたものはありませんでしたよv(^^)

f0058275_22392696.jpg
雨上がりの澄んだ空に、午前中のこの順光。 良いところです。

午後編につづく。

PENTAX K20D + SIGMA APO 70-300mm F4.5-5.6

[PR]
by kipnip | 2010-10-11 22:49 | SORA |
<< Oct.11 ジャンボ大会(日中編) ページトップ JAPANESE AIRFOR... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Skin by Sun&Moon